社会的信頼を得ることができる建設業許可

社会的信頼を得ることができる建設業許可

建設業者のほとんどは建設業許可を取得して、事業を行っています。決して必須とも言えない建設業許可ですが、それでも取得するには多くのメリットがあります。
たとえば建設業許可が不要となる1,500万円未満(一般住宅の建築などの場合)の請負代金の工事を行う建設業者でも手間をかけて建設業許可を取得するケースもあります。

その大きな要因としては建設業許可を取得していることでの信頼性です。
大手建設業者は下請け業者を探す際に、建設業許可を取得していることを条件としていることが多くあります。それと言うのも、一般ユーザーから受注を受ける際にもしっかりとした建設業許可を取得している業者であることを条件に発注している例もあり、建設業許可を受けていない業者は敬遠されがちなのです。それ故に、下請け業者としても元請け建設業者から仕事を安定して発注してもらえるように、建設業許可を取得しておくことがあります。

それに元請けの建設業者としても、パートナーとして選ぶなら信頼できる下請け業者が良いですから、建設業許可を取っておくことが与信の証であり、信頼できる、できないの一つの尺度になります。
逆に名刺に建設業許可番号がないだけで不信感を感じる業界人も珍しくないほどです。

    Copyright(C) 建設業許可を取ろう All Rights Reserved.