建設業者が建設業許可を取得する理由

建設業者が建設業許可を取得する理由

建設業者が建設業許可を取得することは当然のことと思われがちですが、これは義務ではないので、許可が必要という業者のみが取れば良いことです。しかし、現在国内で建設業を営む建設業者の多くがわざわざ建設業許可を取得するのはなぜなのでしょうか?

まず、建設業許可を取得しなくても良い例から挙げると、一般的な住宅建築の場合は1,500万円未満の請負代金であれば、法人、個人、元請け、下請け関係なく建築業許可は不要になります。また、住宅建設ではなくても請負代金500万円未満の工事であれば同じく建設業許可は不要です。これらの範囲内でずっと請け負っていくのであれば、わざわざ手間をかけて建設業許可を取得する必要性はあまり感じないかもしれません。

しかし、逆に言うと、定められている金額上の請負代金であれば建設業許可は必要となり、無許可で行うことで、懲役刑、罰金刑という刑事処分が科せられたり、監督処分の対象という行政処分も科せられます。

ただ、デメリットだけではなく、受注金額の高い案件を受け持つことができたり、信頼度が増すなどのメリットも多くあります。ビジネスをより大きくさせるのであれば、取得しておいた方が良いでしょう。

    注目情報

  • 法律問題かどうかわからない場合でも丁寧に相談にのってくれる弁護士を仙台で探すなら、事案を徹底的に調査・分析し、アドバイザーとして、 時にはカウンセラーとして、時には同志として共に考えてくれるのでオススメです。

Copyright(C) 建設業許可を取ろう All Rights Reserved.