大きな仕事を受注する為にも建設業許可

大きな仕事を受注する為にも建設業許可

建設業許可を取得していない建設業者は請け負うことのできる案件が限定されます。1件あたり500万円未満(建築一式工事の場合は1,500万円未満)という制限があるため、その定められた金額以上の案件は請け負うことができず、万が一請け負ってしまった場合は違法となり、行政処分や刑事処分などの厳しい処分が下されます。

もちろん、小規模の請負金額案件でなんとかやっていける、という建設業者に関しては特別必要性を感じないかもしれませんが、ビジネスの規模を大きくしようと思った時には、それだけの大きな工事を実績として積み重ねていきたいと感じることでしょう。

そのためには建設業許可は取得しておくことが必要です。
建設業許可を取得することで請け負うことの出来る金額的な制限がなくなりますので、大きな仕事を受注することができます。そのような案件を実績として積み重ねることで、元請けも仕事を依頼しやすくなり、その次以降も大型案件を任せることができます。

金額的なメリットだけでなく、ブランド力の向上にも貢献してくれますし、融資の審査も通過しやすくなることから、ビジネスを拡大していきたいと考えるのであれば建設業の許可は必須とも言えます。

    Copyright(C) 建設業許可を取ろう All Rights Reserved.